フローリングワックスを塗れば丈夫な床になる

床

確実な作業をしてくれます

床

自分で行う無駄な点

フロアコーティングはコーティング剤を床に塗るだけの作業だから自分でもできる作業と考えがちです。しかし、実際のフロアコーティングは、掃除機による掃除と洗剤を使った床拭きと水ぶき、さらに巾木や扉などの設備にコーティング剤が付着しないように養生をする必要があります。既に居住している住居の場合には、家具などを別の部屋に移動するといった手間も加わります。そして、コーディング剤を塗る作業は技術が必要な作業なのです。床一面を均一な厚さで乾く前に素早く塗らなければいけません。ムラを作ってしまうと剥がす作業が大変だったり、ものによっては剥がすことができないコーティング材もあります。このようにフロアコーティングは作業量も多く、コーティング剤を塗る技術も必要なため、個人で行うよりも業者に任せた方が労力も削減でき、間違いない作業をしてもらえます。また、自分でフロアコーティングをするときには、必要な道具と溶剤を自分で用意しなければいけません。フロアコーティングは少なくとも5年は耐久性があるため、せっかく用意した道具も次に使う機会はなかなかありません。コーティング剤は不足があったら塗りきれないと問題になると多く購入してしまうと、余ってしまった場合は次に使うことができないため、廃棄するしかありません。業者を使うと費用がかかってしまうから自分でやろうと考えている人は、労力が軽減できることや無駄がでないことで結果的に費用も安くできることもあるため、業者に依頼すべきでしょう。