フローリングワックスを塗れば丈夫な床になる

男性
床

確実な作業をしてくれます

フロアコーティングは塗るだけだから自分でもできると考えがちですが、その他にも作業が有り、確実な作業をしてくれるため業者に依頼すべきです。フロアコーティングに必要な道具や溶剤を購入した場合も無駄になってしまうことが多いです。

フローリング

ワックスとの違い

フロアコーティングは新築時に行うのがお勧めですが、傷が目立つようになったときにも傷を目立たなくすることができます。ワックスとの違いは被膜が硬く、耐用年数が長いのが特徴です。一度施工したら剥がすことができないことが多いので、信頼できる業者に施工をお願いして下さい。

足

依頼する業者のポイント

フロアコーティングを業者に頼む時は、コーティング剤の種類と施工実績が重要なポイントとなります。自分が希望する効果を得るためにはコーティング剤を選ぶ必要があり、施行前後および施行中の写真をホームページに載せている業者は信用することができます。

フローリングを保護する

作業服の人

ワックスは業者に依頼

フローリングを綺麗にし、その後にフローリングワックスをかけるのであれば業者に依頼するのが効率的です。クリーニングとフローリングワックスを一緒に行ってもらえば、部屋の床はかなり綺麗な仕上がりとなります。業者に依頼する際のポイントとしては、このクリーニングの段階で依頼するという点です。コスト削減のために自分で掃除しようとすると、結局時間とコストが大きくかかってしまいます。また、フローリングワックスを依頼するメリットとして、床材を長持ちさせるという長期的なメリットがあるのです。床材もいずれは駄目になってしまいますが、それをかなり先にすることができます。フローリングの張替えはかなりの費用がかかるので、長期的に費用を抑えることが出来るのです。そうしたフローリングワックスを業者に依頼することのポイントとメリットを把握し、しっかりと床を大事にしていくように心がけましょう。床材の保護としてはフロアコーティングというものがありますが、ワックスとの違いはメンテナンスの周期です。コーティングはかなり長持ちするのであまりメンテナンスをしない家庭向きであり、ワックスは毎年メンテナンスする家庭向きといえます。しっかりと毎年フローリングワックスを行うことで、非常に綺麗な床に仕上げることが可能となるのです。コストはコーティングよりもワックスの方が安いですが、それは樹脂などを使ってがちがちに固めるからといえます。毎年かける場合はワックスの方が床にとって負担は少なく、より効率よく綺麗に仕上げることが出来るのです。