インターホンの寿命について

現在多くの集合住宅やアパートに取り入れられているインターホンですが、その寿命は意外と知られていません。現在使用されているインターホン設備は高機能で複雑な構造をしているので、定期的なメンテナンスを行っている場合で、15年ほどが寿命と言われています。

インターホンリニューアルの流れを確認しよう

女の人

適切な保守が大事

集合住宅やマンションなどで利用されているインターホンは、毎日正常に動作しているのが当たり前の様に感じている方が多いです。ですが、保守やメンテナンスを怠っていることで、いざという時役に立たないということもありえます。ほとんどの機械は経年劣化によって故障の原因を作りますが、インターホンもそのうちの一つです。

寿命が早まる場合も

インターホンの寿命は15年が目安と紹介しましたが、場合によっては早まることもあります。定期的なメンテナンスを怠たることや、環境により寿命が縮まってしまうことがあります。潮風に晒されている環境だと、どうしても故障に繋がりやすいです。そうなってしまうと、15年を待たずして買い替えを迫られることがあります。

最新のインターホン

最新のインターホンはどんどんと進化しており、便利な機能が増えています。今利用されているインターホンの多くは、音声のみのタイプになりますが、年々カメラ付きのインターホンを利用している集合住宅が増えてきました。カメラが付いていることにより、安全性が増すというメリットがあります。新しくインターホンの設置を考えている方は、カメラ付きのインターホンを検討してみましょう。

カメラの進化

一口にカメラ付きインターホンと言っても、カメラの性能に違いがあります。カメラ性能の差と聞いたら、画質の違いを想像すると思いますが、それだけではありません。広い範囲を確認できる視野角の広いカメラだと、背の低い子どもがカメラに映らないということもなくなります。技術の進化により、高画質のカメラを安く手に入れられるようになっています。

インターホンリニューアルの流れ

問い合わせ

インターホンリニューアルを依頼する業者に問い合わせをします。問い合わせでは、リニューアルするインターホンの台数などの規模や作業にかかる料金などを聞くことができます。この時に聞く費用は大体の目安なので、現場を見てからの見積もりと変わることもあることを頭に入れておきましょう。

現場確認

問い合わせの時に、現場確認をする日も決めます。決めた日になると、業者の作業員が訪れて、現場を確認します。現場確認が終わると、見積もり金額を出してくれます。この見積もり金額は正確な数字に近いものです。

作業開始

現場確認が終わり、見積金額を提示され、その金額に納得できたら作業を依頼します。作業は規模にもよりますが、2日間に分けて行われることが多いです。作業時間は前もって伝えられるので、もし伝えられない場合は、聞いてみましょう。

確認

作業の工程がすべて終わると、確認作業を行います。インターホンに異常がないのを一緒に確認したら、インターホンリニューアルは終了になります。最後に会計をして終了になります。

更新適齢期を迎えている

集合住宅などで利用されているインターホンで一つでも故障が確認できたら、ほかのインターホンも壊れてくる可能性があるので、そういった場合は上記の流れを参考にしてインターホンリニューアルをしましょう。ここからは、インターホンの最新機能を見ていきましょう。

インターホンの最新機能

  • ノイズキャンセリング
  • 遠隔監視システム
  • 録画機能

[PR]
インターホンの修理を対応してくれる!
施工価格が良心的☆

[PR]
インターホンが激安価格で買えちゃう☆
リフォーム費用が節約できる!

[PR]
インターホンの交換を申し込み
実績のあるプロに依頼

広告募集中